日焼けは透明感のある美肌の大敵

日焼けは透明感のある美肌の大敵

毎日太陽の光を浴びることは健康に好ましいといわれます。

 

たしかに日光浴という健康法もあるように太陽の日差しを浴びることで骨を丈夫にするビタミンDが生成されたり、うつ病の予防や目覚めや寝つきがよくなるという事は広く知られています。

 

しかし対策を怠り紫外線を大量に浴びることは実は様々な悪影響を体に引き起こすのです。

 

紫外線を浴びると肌はメラニンを生成します。これが日焼けであり、そしてシミの原因です。また日焼けした肌はダメージを受けているため外部の刺激から身を守ろうと皮膚が厚くなるので毛穴が詰まりがちになり、ニキビができやすくなってしまいます。ほかにも紫外線からのダメージにより肌のターンオーバーが乱れがちになるため、肌のごわつきやくすみといった原因にもなります

 

日焼けは透明感のある美肌の大敵なのです。

 

焼かない紫外線対策ももちろん大切ですが、日焼けしてしまったと感じたら適切なアフターケアを行いましょう。

 

心強い味方がビタミンCです。紫外線対策には真っ先に名前が挙がる成分ですが、それも当然です。ビタミンCは肌の過剰な皮脂分泌を抑える働きのほか、シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑えてくれます。スキンケア商品なら肌に届きやすいビタミンC誘導体を配合している化粧水やクリームを選びましょう。サプリメントでも効果的です。この場合、ビタミンEを同時に摂取することで肌の回復を早めてくれます。

 

肌のごわつきが感じられるならソフトな効果のピーリングを行い厚くなった角質を落としましょう。この時ごしごし擦り過ぎてはいけません。

 

食べ物で積極的に摂取した方がいい物は紫外線によるダメージを軽減する効果のあるリコピンを大量に含むトマトや、ビタミンEをとれるアボカドや大豆、ポリフェノールがシミに効き目があるといわれるコーヒーなどです。

 

これらを適量、毎日続けて摂取することでうっかり日焼けしてしまっても内側から美肌・美白対策をすることができます。

 

 

効かない・買ってはいけない制汗剤の特徴とは。

 

 

出来てしまったシミは、市販の医薬部外品で取る事ができる?

 

 

年齢と共に気にしてケアしていた肌にも、知らず知らずのうちに出来てしまうシミ。実際、シミ対策は万全にしてきたつもりでも、気付かないうちに出来てしまっている人も多いのではないでしょうか?

 

では、一度できてしまったシミは、このままあきらめるしかないのでしょうか?

 

美容外科などのレーザー治療でシミを取る事ができるとも言われていますが、実際、費用高く、「そこまでしてまでは・・・。」と思っている人も多いと思います。そんな人でも、「できれば、市販の医薬部外品で取る事ができればいいのに」とは思っているかと思います。

 

実際、ドラックストアなどでも、多くのシミ取り化粧品や医薬品が販売されています。塗り薬をはじめとし、飲んで効くと言うものまで様々です。塗り薬の場合、最も有効的な成分と言われているのが、ハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも言われている成分で、圧倒的な効果でシミを薄くすると言われています。しかし、このハイドロキノンデメリットは、成分が非常に強いと言う事です。その為、肌の弱い人の場合、肌荒れの原因になってしまう事も考えられます。

 

その他、一般的なシミ対策化粧品などに比べ、価格が少し高めになっています。

 

ハイドロキノンに関わらず、シミ対策を行う場合、長期での使用が最も大切だと言われています。その事から考えると長期的な出費が必要になってくると言えます。また、肌への影響を考えた場合、自分の判断で購入し使用するより、美容皮膚科や皮膚科などで相談し、購入する事が勧められています。その為、やはり、費用がかかると言う事になってくるのです。

 

以上のように、ハイドロキノンを使用する事で、市販の薬でも、シミを薄くする事は可能です。しかし、あくまでも、個人差があり、また、継続的に使い続ける事が大切です。

 

そのような事から、やはり、シミ対策は、出来ないように心がける事が第一で、もし、出来てしまった場合は、すぐに対策を始める事が大切だと言えると思います。

 

シミを薄くするにはビタミンCとマッサージでケア