筋トレを行う頻度って、基本的には毎日行うのがベスト

筋トレを行う頻度って、基本的には毎日行うのがベスト

筋トレとは、筋肉に負荷をかけて鍛える運動のこと。

 

 

筋トレを頑張ってすればムキムキになってしまうのではないかと思う人もいるかもしれませんが、ムキムキになるほどの筋肉は相当のトレーニングをしない限り手に入れることはできません。
通常筋トレをするくらいだと、ちょうど筋肉を刺激するほどの運動で、しなやかな筋肉をつけることも可能なのです。そんな筋肉は、どれくらいの頻度で行うと良いのでしょうか?

 

 

 

筋肉をつけたいと思っても、すぐに筋肉がつくわけではありません。元々誰もが筋肉繊維を持っているのですが、それを鍛えることによって筋肉繊維を太くしていくのですね。それを通常筋肉がつくと言います。

 

 

では筋肉を太くしていくための運動は、時々行うくらいでいいのでしょうか。できれば、毎日少しずつ刺激をしてあげると良いでしょう。筋肉というのは、刺激を与えると太くなりますが、刺激がなくなるとまた痩せてしまうのですね。つまり太い筋肉繊維を手に入れるには、毎日でいいので少しずつ筋肉を刺激して、毎日成長させてあげることが大切です。

 

 

でも仕事が忙しくて筋トレを毎日行う暇がないという人もいるでしょう。そんな時には、筋肉をつけるためのトレーニングではなく、筋肉を維持するためのトレーニングを日々行うといいのですね。例えば、筋肉をつけていく場合は、どんどん負荷をかけていく、そして筋肉の限界まで刺激をするということが大切ですが、筋肉を維持するためのトレーニングでは、筋肉を適度に疲れさせるという運動でいいのです。

 

 

 

そのため例えば筋肉に負荷をかける筋トレを行うことが出来なくても、スクワットを10回だけ行う。踵あげ運動を10回だけ行うということも可能ですね。それを行うことによって、筋肉量を落とさず維持することが出来るのです。つまり筋トレを行う頻度って、基本的には毎日行うのがベスト。その内容は、時間や疲労度などを考慮して決めるようにしましょう。一旦落ちた筋肉はまたつけるのは大変。その維持のために毎日の筋トレは欠かせません。