思春期のニキビと同じケアでは大人のニキビは改善しない

思春期のニキビと同じケアでは大人のニキビは改善しない

思春期のニキビがすっかり収まったと思ったら、大人になって再びニキビに悩まされている人もいるのではないでしょうか。
思春期のニキビと同じケア方法をしていては、大人のニキビはなかなか改善しません。

 

では、大人のニキビはどのようにケアをすれば良いのでしょうか?

 

まずは、思春期のニキビと大人のニキビの違いを確認しましょう。

 

思春期に出来るニキビは、成長期における皮脂の過剰分泌とホルモンバランスの変化によって出来やすくなります。
このため、皮脂腺が多いおでこや眉間のいわゆるTゾーンと呼ばれる箇所に、思春期にニキビが出来やすいのです。
しかし、ホルモンバランスが整ってくると、思春期のニキビは自然に出来なくなってきます。

 

20代以降に出来る大人のニキビの原因は、ストレスや不規則な生活、ホルモンバランスの乱れなどで、古くなった角質が溜まり毛穴を塞ぐいわゆるターンオーバーの乱れでニキビが出来てしまいます。

 

思春期のニキビよりも大人のニキビは、複数の要因が重なって起こるため、その原因を全て取り除くのはなかなか難しいのです。
また、思春期のニキビが出来やすい箇所とは異なり、大人のニキビは顎やフェイスラインにニキビが出来やすい傾向にあります。

 

では、大人のニキビはどのよう改善していけば良いのでしょうか?

 

大人のニキビも思春期のニキビ同様に、クレンジングと洗顔、洗顔後の保湿が基本ケアです。

 

ただし、大人は皮脂の分泌が思春期よりも多くないので、皮脂を取りすぎると逆に肌が乾燥しすぎになり、かえってニキビの悪化の原因になります。
なので、1日に何度も顔を洗うなどの皮脂を取ることに集中せず、肌の保湿を心がけましょう。

 

また、食事のバランスや睡眠不足などの生活習慣の乱れで、男性ホルモンの分泌を促し、その結果、皮脂の過剰分泌が起こりニキビの原因となってしまいます。
大人のニキビが出来ている時は、偏食や動物性脂肪分や糖質の過剰摂取を避けるなど、一度、生活習慣などを見直してみましょう。

 

スキンケアや生活習慣の見直しなどセルフケアを行ってもニキビが改善しない場合は、皮膚科で出来てしまったニキビを治療することも必要となってきます。
そのうえで、新たなニキビを作らないようにセルフケアを続けていくことが大切です。